在宅看護 仕事内容

在宅看護の仕事内容をチェック

在宅看護,仕事内容

高齢者の中にはなかなか病院へ行く事ができないという方も少なくありません。 特に一人暮らしの高齢者はサポートをしてくれる人もおらず余計に苦労しますが、そんな時に役立つのが在宅看護です。 在宅看護とは看護師が自宅まで来てくれるサービスですが、どういった仕事内容になるのかと言いますと、健康状態のチェックやアドバイス、日常生活の看護、介護者の悩み相談、リハビリテーションのフォロー、精神面へのケアなど様々です。 基本は医師と連携して行動する事になり、自宅からなかなか出る事ができない介護者をケアしていきます。 高齢化社会の昨今ですので、在宅看護の手を必要としている高齢者は数多く存在します。 その為、社会的貢献度の大きなお仕事と言えます。 総合病院のように夜勤があるお仕事ではありませんので、その分体力的にも精神的にも負担が少なくなります。 総合病院ですと在院日数が短いという事もあり、患者一人一人に割く事ができる時間も少ないですが、在宅看護の場合ですと長い付き合いになりますので、介護者に寄り添ったケアを行う事ができます。 ただし、経験が必要になりますので、在宅看護を行う看護師になる為にはそれなりのキャリアを積んでいる事が大切です。 559

在宅看護の訪問について

在宅看護,仕事内容

皆さんは在宅看護という言葉を御存知でしょうか。読んで字のごとく、家に居ながら、患者を看護するという医療形態です。ほとんどが高齢者であるが故に病院に通院出来ないような状態、または若くても足や腰の重病、持病などで歩行が困難である、またベッドから出ることが治療上良くないという状態の患者にとって必要な看護形態です。基本は薬の投与やマッサージ、そして医者から指示が出ている栄養バランスの取られた食事の摂取などがその主な看護行為となりますが、最近では医者や看護師が訪問するというタイプの在宅看護システムも導入されています。町医者や大手病院においてもその手法が取られるようになり、患者やその家族にとっては大変助かっているのが実情です。今後、高齢化社会が到来し、より高齢者の割合が増えていくことで、このようなサービスが重要視されるのではないでしょうか。実際に現在でも、郊外や過疎地においてはこのようなサービスを介護と同様熱望している方がたも多く、浸透し始めています。医療保険や介護サービスの在り方に一石を投じる必要があると思いますが、まずはこの在宅看護の重要性、必要性を医療業界が先頭に立ってアピールしていくことが大切です。 560

更新履歴